単身引っ越しで必要なダンボールの個数とは


“引っ越しを行うとなると、様々な手続きが必要となりますが、まずは荷物の整理が大変となります。
家具や家電などは別に梱包することが多いですが、衣服や小物類などの細かいものは箱詰めしておくと運びやすくなります。
そして、荷物を詰めるのにはダンボールはとても役立ってくれるものです。

軽くしかも丈夫で、たくさんのものを入れることができますし、使ったあとは畳んで小さくまとめることもできます。

単身の場合はどれぐらいの荷物が必要になるのかも気になるところですが、利用する部屋の広さなどによってもかなり荷物の量は変ってきます。

単身の場合はあまり荷物が必要ないというイメージもありますが、生活用品や衣服、本、CDなど実際にまとめてみると意外と単身でも多くの荷物がある場合もあります。

そして、荷物が多くなればそれだけ費用も多く必要となり、整理も大変となりますので、できるだけ余計なものは処分しておくと良いでしょう。

ダンボールがどれぐらい必要になるかも確認しておきたいですが、ひとりの場合は、ワンルームのような狭い部屋に移動する場合であれば、10個以下など比較的少なく済むことも多くなっています。

1kや1LDKの場合は10~15個程度、2kや2LDKとなると20~30個は必要となると考えておいたほうが良いでしょう。

そして個数が増えてくるとどの箱にどんなものが入っているのか探すのも大変となりますので、外に書いておくなどして、すぐにほしいものが見つけられるようにしておきましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)