単身引っ越しに便利な「単身パック」ってどんなサービス

“引っ越しを行う場合、単身でひとりで行う場合もありますし、家族全員で行う場合もあります。

そして、家族全員となるとかなり荷物も増えますので、引っ越し業者などでトラックを用意してもらうなどが一般的です。

それから、単身の場合はひとりでの移動となりますので、かなり荷物は少なくなります。

マンスリーマンションなど、家具や家電などもついている物件であれば、そうした準備も必要なく手荷物だけで移動することもできます。

そして、単身で荷物も少ないのであれば、わざわざトラックを出してもらうほどではないと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ひとりで利用するのであれば単身パックの利用を考えてみてはいかがでしょうか。
これはどんなサービスなのかということとなりますが、専用のボックスに荷物を入れて他の荷物と一緒に運送することとなりますので、費用は格段に安く抑えることができます。

荷物の少ない方や、家具や家電はあとで購入する予定という方であれば、こうしたサービスを利用すると良いでしょう。

それから業者によって、ボックスの大きさや料金はまちまちとなっていますので、まずはよく比較しておきましょう。

どの業者を選ぶかは悩んでしまうものですが、インターネットでは一括見積ができるサイトもありますので、そうしたサイトも活用して、低価格で利用できる業者を見つけていきましょう。

そして、料金はもちろんですが、サービス内容についてもしっかり確認して最適なサービスを選んでいきましょう。”

単身引っ越しでも隣人への挨拶は必要か?

“日本の安全は世界に誇れるものといわれていますが、最近では個人情報を不正に利用した犯罪などがテレビの中だけではなく、身近に起きても不思議ではない状況になっています。
 日本の安全を守ってきたのは、警察など治安機関の力もありますが、隣近所の連帯がおおきく、都会特有の隣近所への無関心は居心地の良さの反面、犯罪の温床になりやすいのが欠点です。
 引っ越しの挨拶では、これからご近所になるあいさつの意味合いだけでなく、普段はどの家から誰が出てきたかをじっくり観察するわけにいかないので、どこにどんな人が住んでいるかを知っておくチャンスでもあります。

 また、単身で暮らし始める場合、何かが起きた時には助け合う必要があることも考えられます。
 単身引越しでも挨拶をしておくのは、隣近所の住人を知っておくことと、もしもの時に助けあえるメリットがありますが、こちらが単身であることをあまり強調しないようにしておくのがおすすめです。
 実際にはいない同居人をいるように装う必要はありませんが、特に若い人や、独身女性、高齢世帯など、犯罪の標的になりやすい家族構成は、隣近所に犯罪者がいることはないとしてもあまり知られない方が賢明です。
 
 もしもの時に助け合うのも目的なので、単身であるのを伝えるのはいいですが、異性の人にひとり暮らしをアピールしすぎると誤解を招くこともあるので、一人暮らしだけど、兄弟や両親が頻繁に訪ねてくるなど、訪問者があることも一緒に伝えておくと有効です。

単身引っ越しで注意したいこと

就職が決まったり、学校が決まったり、転勤が決まった時単身で引っ越しすることはあると思います。その際の注意点ですが、一番最初に考えることは、費用がいくらまで使えるかです。あまり費用が使えないのなら、家族や知人に手伝ってもらいましょう。もちろん御礼はしなくてはなりませんが、業者に頼むよりは安くすみます。あとはトラックなどをレンタカーで借りれば万全です。単身者ですから、荷物は少ないですから、2~3人でも人が集まればなんとかなります。しかし、素人の集まりですから、荷物を運ぶ時に、荷物あるいは部屋などにキズをつけるかもしれませんので、多少は我慢しましょう。どうしても我慢できない、あるいは単身者の割に荷物が多い、貴重品が多い場合は、費用が掛かってもプロの業者に任せましょう。引越し業者も多数ありますから、競争は激しくなっており、お客様を獲得するのに必死になっております。ですから、見積もりなどは通常無料で行っております。一社だけでなく複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。引越しする曜日や時間帯で費用は変わってきます。時間指定をしなければ安くなる場合もありますので、よく業者と相談しましょう。見積もりの際に、業者の人数にも注意しましょう。人数が多ければ当然費用も高くなりますので、適正な人数かどうかは、自分で確認しましょう。ただし、費用を抑えるために、あまりにも人数を少なくすると、時間はかかりますし、疲労によりミスも起こるかもしれないので、むやみに人数を少なくするのはやめましょう。